新優建設の強み

日本は、外国に比べて台風、大雨、大雪、洪水、土砂災害、地震、津波…などの自然災害が発生しやすい国です。
そのたびに多くの被害が全国各地で発生します。
新優建設は、そういった自然災害の被害の復旧に携わる業務を中心に行っています。
今、私たちが行っている事業内容について、私たちにできることについてご紹介いたします。

災害現場復旧のプロフェッショナル、新優建設

有限会社新優建設は、奈良県十津川村に事務所を有し、十津川だけでなく県外の災害復旧、公共工事、民間工事など法面工や土工・設計を中心に施工している建設業です。
中でも災害被害を受けた法面保護工事・河川工事・道路の復旧・開通、復旧工事。
または、公共の急傾斜対策工事や、治山工事の堤防なには自信と実績があります。
私が代表に就任し社名を改めたのは2012年と6年程の社歴です。有限会社田花建設という土木建設会社を受け継ぎ、地域密着型の今の事業を発展させてまいりました。

当社が何よりも重要視していることは、軽いフットワークと素早い対応力ですぐに駆け付ける迅速さです。
災害はいつ発生するかわかりません。それは私たちも、地域住民のみなさまも同じです。
当社には各地から通勤する従業員がおり、その場での対応にいち早く向かえます。
一刻を争う施工のご依頼をいただくことも少なくはありませんが、いち早く安全を「建て直す」仕事が土木建設災害復旧の本質です。
決して妥協することなく、少しでも早く地域住民のみなさまに「いつも通り」を感じていただけるように、復旧業務に取り組んでいます。
また、新優業務には、さまざまな特殊技術の認定資格保持者が多数在籍しております。
そのため、多種多様な技術施工が必要とされる災害現場であっても、ワンストップで迅速な対応ができることも、選ばれる理由の一つです。

ドローンの活用など最新技術を採用し、
高品質で低リスクな工事を実現

2012年奈良県・和歌山県で大規模な河川氾濫の災害が発生してことを覚えている方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。
当社は奈良県十津川村にあり、災害現場と通ずる国道とも面しています。その国道が土砂災害により道がなくなってしまいました。私自身も、その災害被害を目の当たりにし、実際に孤立したこの村の中、現場に出て復旧作業を行っておりました。
この災害復旧業務に参加する中で、実体験をもって、土砂災害や河川氾濫などの自然災害が及ぼすライフラインへの影響、住民への心因的不安などを知ることになり、この経験が、「いち早く駆け付ける迅速さ」を大切に思う何よりのきっかけとなりました。
そしてもう一つ、当時復旧作業を難航させたのは、災害発生箇所の事前確認作業です。
現場への確認には通常専用車両で赴き災害の具合などを確認する必要がありますが、そこには人の安全に対するリスクが必ず発生します。

当社では、ドローンを活用し空中からの撮影による下見撮影を採用しています。
撮影後の画像データをPCに取り込み3D化することで、より正確な現地のシミュレーションが可能になり、安全に事前考慮を行うことができます。
さらに、ドローン本体にGPSを搭載し、「災害発生当時、施工中、施工後」それぞれ撮影の時期が異なる現地をまったく同じ位置から撮影することが可能なので、正確な進捗情報の共有をスムーズ行うことができます。
こうした、作業員の安全を最優先に考える取り組みも強化しています。

奈良県唯一のセーフティクライマー工法を採用

土砂災害や河川の氾濫などによる災害発生場所は、地盤が複雑であったり、傾斜地であったり、軟弱地盤であったりと作業が困難な条件であることが多く、難工事となりやすい共通点があります。
経験豊富な技術者の腕にかかっても、自然と相対すると不遇の事態となることは完全に防ぐことはできません。

私たちはこうした難工事を数多く手がけた経験と特殊な機材、そしてこれらを駆使する技術により、奈良県で唯一、セーフティクライマー協会の準会員に加盟し、「セーフティクライマー工法」を採用しています。
複雑で多様な条件になりがちな災害現場において、低リスクで作業期間の短縮を同時に実現が可能となります。

おかげさまで、周りからの声で「災害工事=新優建設」という認知を少しずつではありますが、私たちのことを知っていただけるようになりました。
技術力、解決力、ノウハウ、経験… こうした価値はすべて、はじめは技術者が生み出すものばかりです。
施工技術者の安全と、復旧の短縮化のためならば、新しい技術も恐れずに取り入れていきたいと考えています。
新優建設はこれからも、日々努力を重ね強い信念を心にもち、何事にも挑戦する根性を育てる会社でありつづけるよう、努力してまいります。